読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨年の反省と新年の抱負

ご覧頂いている皆様、

少し遅いですが明けましておめでとうございます。本年度も引き続き拙いブログではありますが、宜しくお願いいたします。

 

◎反省

 ・家庭の事情とはいえ、所有株の多くを利確してしまった。

  その後も円安、株価上昇が続き、長期投資として残念な状態が続いている。

  余裕資金をしっかり持つべきだった。家庭の事情、という言い訳は本来あるべきではない

◎良かった点

 ・上記は大いに反省ですが、利確により200万以上の資産のベースをアップさせることが出来た。所有株の多くで利確できたため、方向性は間違っていないと多少の自信を持つことが出来た。

 

◎抱負・方針

 ・様々なニュース、業界の友人に確認したが、トランプ大統領が行う方針でアメリカの景気がさらに良くなる可能性もあるらしい。もちろん、失敗した際の株価暴落、中国の問題が引き金になっての混乱などは当然リスクとして考える必要があるが、株価が上昇する、円安が進行する場合の投資しないリスクについても考える必要があるかもしれないとも思っています。

 ・上記市場環境を踏まえ、バフェット先生を見習い、超優良銘柄の定期的な購入、暴落時の購入を勇気をもって行っていこうと思います。

 ・現在、配当金は年に8万円程度のため、何とか15万円程度まで増配銘柄を購入しようと思います。

 ・昨年の反省点の克服のため、200万円程度の現金は緊急用に残しておき、それ以外は配当再投資を行うべく今度こそしっかり長期投資を行いたいと計画しています。

 

取り留めのない 文章で恐縮ですが、しっかり文章に残しておき、結果を出していきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


外国株式 ブログランキング

 

一年間の収支、配当金額、雑感

◎現在の所有株

・前回も報告しましたが、家庭、会社、の事情などで現金比率を大きく上げました。円安、トランプ旋風のおかげもあり、プラスに終わりました。

 

◎配当金額

・具体的な記述は控えさせていただければと思いますが、合計1350ドルの配当金を頂きました。

 

◎年間収支

・ざっくりですが、150万円程追加で投資し、合計950万円を投資していますが、現在は現金比率はとても高いです。半分は円、100万程をドルで持っている状況です。今年は、円安のおかげもあり、現在1100万円前後で推移しています。

 

◎雑感

・家庭の事情とはいえ、増配銘柄を現金化はバフェット信者としてはつらい選択でした。今後のボーナスなどからの追加投資分は、円高、株価の様子を見ながら再度参戦していこうと思います。

・今後円高に振れるのであれば、昨年よりも15%アップした結果自体は良かったと思っています。

・どこかのタイミングでリセッションが来るという意見もチラホラあるため、株価が低下しても増配銘柄をしっかり持ち続ける精神を鍛えようと思います。そのためには、余剰資産で余裕をもって、株価暴落の際に「ラッキー!」と思えるくらいになりたいと思います。

・今回、自身初の1000万円突破となりましたが、アーリーリタイヤ目指して目標は5000万!を目指して頑張ろうと思います。追加投資できるよう、無駄使いは控えながら。。。

 

今年中に再度更新するかもしれませんが、一応の収支報告とさせていただきます。

今年はブログデビューで、皆様の様々な勉強になるサイトを発見し、質問にも丁寧にお答えいただき、大変有意義で感謝感謝の一年間でした。

 

皆様、よいお年をお迎えください(まだ早いかw)

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


外国株式 ブログランキング

 

諸事情で多数の銘柄を売却

アメリカ株に長期投資! と言いながら、、大変不本意な部分はありますが、諸事情で多くの銘柄を売却し、日本円に変えました。

現在所有しているのは、JNJ、IBM、XOM、ベトナムETFのみになります。ベトナムETFは売却すると損切りになってしまうため、意地でも持ち続けようと思います。

円安のおかげで、IP、KO、NVO、PGなどほとんどが円ベースでプラスだったため、50万円程の利益となりました。また、それでも300万程度のアメリカ株は所有し続けるつもりです。

あえて言い訳を書かせて頂きますと、、、

・家族の問題で現金が必要になった。預金だけでは不安だった

・会社がゴタゴタしており、最悪リストラの可能性があり、現金比率を上げたかった

・配当金で受け取る金額の3年分の儲けが得られることが分かっていたため、見方を変えると、3年以内に暴落がやってきてから投資でも良いのでは?と思った

・現在の米国株はバブルの可能性があり、バフェット指数でみても割高な気がする

主な理由は上記の1番ですが、それ以外にもやはりいろいろな理由がありました。

ほとんど損切りはしていないので、現時点ではプラスです。また、円高、株価低下のダブルショックが起きても、20%程度下落しても投資金額と変わらない状況のため、精神的な余裕は増えた気がします。

 

長期投資!と言いながらこのような状況は大変恐縮ですが、家族が落ち着き、株価が下落した際には当然投資するつもりです。

 

気持ちの中にモヤモヤがありましたが、ブログに書くとある程度すっきりしますね!

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


外国株式 ブログランキングへ

アメリカ株へ長期投資! 流石はバフェット先生!

 

jp.wsj.com

 

バフェット先生、ここにきて儲けてますねw

円安で株高となると、正直何かおかしいと思います。バブル?という記事も散見します。このまま円安、株高が進行するようでしたら、一部利確するかもしれません。そのうち円高に戻ると思っていますので。もちろん、長期的には円安、またはインフレなどで日本円が苦しむ事態がやってくる可能性には十分気を付けたいと思います。

 

私も現時点で100万以上資産が増えたように見えますが、円高、10%株価低下でそんなものは吹っ飛びます。

・円安継続なら、今持っているドルで暴落した銘柄をゲット

・円高、アメリカの不景気、株価暴落に備えて円も確保

上記はしっかり考えながらしばらく様子見と思っています。

 

もちろん、円ベースで資産増えて嬉しいですよ! でも、海外旅行も高くなるでしょうし、あくまで、配当金で生活できるようコツコツ買い増しする方針で頑張ります。

 

蛇足ですが、ブログを書くようになって、自分の意見を文章でまとめられる事ってとても役に立つ事が分かりました。読んで頂いている皆様に感謝!

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


外国株式 ブログランキングへ

アメリカ株へ長期投資! WFCと一時的なお別れ、ベライゾン購入

12月3日現在の米国株所有状況です。

 

WFCは不祥事もあり、少し心配でしたので、トランプ相場に乗じて売却しました。2万円ちょっとの儲けと配当金が残りました。全然長期投資で無いですねw

その分、株価が低迷しているベライゾンを新規購入しました。5%近い利回りで配当金が受け取れるなら十分かと思います。 現状では年間1,800ドル、税金を引かれると1,300ドル程度受け取れる計算になります。節約生活で約1か月分といったところでしょうか。月に1万円以上お小遣いが貰えるという見方でも良いかと思います。もちろん、今後リタイヤするまで配当再投資するつもりです。しかしながら、世知辛い世の中でもし何かあったら、、、と考えると、(配当金を生む)金の卵を一か月分の生活費分持っている事はそれなりの安心につながっています。

まだまだ先ですが、年間150万程度配当金が貰えるようになったら、アーリーリタイヤをしようと思います。親孝行もしていないし、海外旅行ももっと行きたいし、もっと自由な時間が欲しいものです。アーリーリタイヤが先か、定年が先か、ワーキングプアに転じて一生働くか、、未来は誰にも分りませんが、これまでの米国株長期投資の結果を信じて、信じて投資している皆様のブログで勉強しながら一歩一歩進んで行こうと思います。 個人的には、バフェットさんを一番信じていますw

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


外国株式 ブログランキングへ

ブログで質問、回答の御礼 預金封鎖への対策

www.americakabu.com

 

上記リンクの通り、たぱぞう氏に預金封鎖の対策法について質問させて頂いたところ、大変丁寧にお教えいただきました。 詳細は、上記内容をご覧いただきたいと思います。

現在、急激に円安に振れている事もあり、米国株中心の資産は増えたように感じますが、円以外の資産を持つことが大きなリスクヘッジであることを改めて認識しています。 個人的にはここ数年間は円高になってもらい、米国株を割安に購入できる方がよっぽど嬉しい状況です。

ただし長期的には、円安やインフレで相対的に米国株中心の資産の価値が大きく上がることを期待してしまう自分がいます。。。

 

自信を持って米国株投資を継続していく決意を改に、こちらのブログで恐縮ですが、たぱぞう氏への御礼を申し上げたいと思います。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  

アメリカ株へ長期投資! IBMへの期待

www.nikkei.com

 

バフェットさんがIBMへの投資を開始してから3、4年経過していますが、まだまだ株価は当時と大きく変化はしていません。おそらくバフェットは、売り上げは低迷していても利益率が大きく、自社株買い、株主重視で配当性向も低いIBM構造改革がうまくいけば、売り上げも株価も大幅に上昇すると予想したと思われます。

3年前にワトソンの記事はそこまで多くは無く、バフェットにその将来性を見込んだとのコメントは見たことがありません。バフェットはワトソンの将来性を見込んで投資したわけではないと思いますが、結果的に、ワトソンはIBMの大きな稼ぎ頭となる可能性があります。

もちろんまだまだ競争が激しい分野で、どうなるかは不明ですが、資産の一部を投資する価値はあるかと思っています。配当も良いですし、株価も割安の水準です。

個人的な見解ですが、売り上げが今後大きく伸びず、横ばいのままだったとしても、自社株買い、増配を繰り返してもらえれば、株価も多少伸びるでしょうし、増配のメリットも享受できるため、十分投資に値するかと思います。 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


外国株式 ブログランキングへ